【Splatoon2】新ステージ続々登場! 公開されたステージまとめ!

どうも!管理人です!( ˇωˇ )

今回は久しぶりの考察記事となっています!

Splatoon2を始める前に
色々とイメージしていくのは
すごく大事だと思っているので
参考になれば幸いです◎

では、新ステージについてです!どうぞ~(´>ω∂`)

新ステージ まとめ

2017-6-24 時点のステージ情報です。

『ガンガゼ野外音楽堂』

ここは「ガンガゼ野外音楽堂」。
様々なアーティストのコンサートが開催される施設だ。
いまや伝説となったバンド「Squid Squad」もここでライブを行ったことがあり、ロックの聖地となっているそうだ。
インクで機材が故障しないか心配だが、対策はバッチリらしいのでご心配なく。

『フジツボスポーツクラブ』

ごく短いものだが、試射会で遊べる「フジツボスポーツクラブ」の映像を入手した。
中央には左右に大きなスロープがついた木製の足場があり、開幕直後はここが攻防の舞台となるだろう。見通しが良い一方で障害物が多いので、使うブキに合わせて、いろんな進攻ルートを探してみると良いだろう。

『バッテラストリート』

試射会で遊べる「バッテラストリート」の短い映像を入手した。よく見ると、Nintendo Switch体験会からステージの形が変わっている。中央の橋が石造りのアーチ型になったことが目立つが、他にも細かな変化があるようだ。ハイカラスクエア周辺は、今まさに開発中ということか。

『コンブトラック』

ここは「コンブトラック」。
そもそもはBMXの練習用トラックだが、イカ達はナワバリバトルの舞台として利用しているようだ。
うねうねと曲線的な起伏が特徴で、中央の小高い丘をぐるりとトラックが取り囲んでいる。
正面突破するも良し、回り込んで側面から攻めるも良しだ。

『海女美術大学』

ここは「海女美術大学」。
第一線で活躍する数多くのアーティストを輩出している名門校だ。
校内にはさまざまなオブジェが並んでおり、その上に陣取ることで有利にバトルを運ぶことができそうだ。
校舎にかかったインクすら、芸術作品のように見えなくもない。

Splatoon(スプラトゥーン)公式Twitterより
https://twitter.com/SplatoonJP

新ステージについての考察

今のところ新ステージは5つ
情報公開され
前作のタチウオパーキングも
新しくなって登場します!

試射会をプレイした方は
『バッテラストリート』『フジツボスポーツクラブ』を既に体験したことでしょう…。

わたしの感想としては

だだっ広い

の一言です(笑)

前作では細長い通路や
ステージそのものが横長、縦長が多く
狭いステージもいくつかありましたが
Splatoon2では
画像を参照の通り中央部分はもちろん
リスポン地点から中央までもが
広く作られています。

これはリスキルを防ぐためだと思います!

しっかりと打開ができるように
なるかもしれませんね。

ステージ全体が広いため
プレイヤーが視認しきれないルートも
やはり出てくると思います!

なので

裏取り がすごく重要になってくる

とわたしは考えてます\_(・ω・`)ココ大事!

もちろん、裏を取るには
それなりに大回りをしなければいけないので
中央が疎かになる分
リスクも高いです…。

ですが、しっかりと状況を見極めることが出来れば裏取りが活かせると思います( ・∀・ )

新しくなったタチウオパーキングも
中央が広くなったり
細々とした部分に修正が入っているので
戦いやすいステージに
なったのではないかなと…(たぶん)

おわりに

まだまだ新しいステージは
登場すると思いますし
前作のステージもリニューアルされて
戻って来る可能性もあります!

どのステージがリニューアルされても大丈夫なように、苦手なステージや嫌いなステージを練習するのもアリかも└( ‘ω’)┘

では!今回はここまで!
ばいばいっ\( ‘ω’)/

【上級者向け!】もっと強くなりたい!でもどうすればいいの??【スプラトゥーン】

はいはい~皆さんお元気ですか?( ˇωˇ )

スプラトゥーン2に向けて
毎日スプラトゥーンしてますか??

わたしはしてますよ!
最近対抗戦とか出来なくて
弱くなってる気がしますが…()

勝ちたい勝ちたい勝ちたい勝ちたい勝ちたい…

今回は、そんな勝利への欲望を抑えられない
S~S+の方に向けた記事になります!

立ち回り

SやS+になってくると
「立ち回り」について少し考えるように
なってくるのでは無いでしょうか…

塗り状況敵と味方の落ち具合など

状況確認と判断が必須になってきます。

自分の思うとおりにゲームが
進行することはほとんど無いので
しっかり一手一手を考えてみましょう◎

例えば
味方が2人右を見ているのに
自分も右に行って
キルを取りに行こうとしていませんか?

正面が塗られていて
ホコを進めやすいのに
わざわざ左右から攻めたりしていませんか?

ヤグラが進んでいるのに
前線にいる味方に飛んでいませんか?

適当なプレイは敗因になります!

パッドや画面の上部で
しっかり試合の全貌を把握しましょう( ˇωˇ )

全員がルールに沿ったプレイをしていれば
どの試合もまともなものになるでしょう。

でも、実際はキルしかしていなかったり
逆にキルを全くできてなかったり
エリアを塗らない
ヤグラに乗らない
ホコを持たない

何を考えてプレイしていますか?
勝ちたいのに勝てないプレイしてないですか?

全部味方のせいにしてないですか?

自分のプレイを見つめ直して
どこが悪かったのか確認してみましょう。

もちろん、味方が少し頼りないメンバーばかりだと
正直なところ勝てないのも事実です。

それをも凌ぐ実力を付けることができれば
めちゃくちゃかっこいいよね(難しい)
( ;∀;)

ブキやステージで立ち回りを変える

これは当たり前と言えば当たり前ですが

ブキ種によって立ち回りを変えたり
ステージによって変えたりすることは
当然です。

他にも味方のブキ編成によっては
自分がいつも初動に行く通路を譲ったり
別のルートから攻めたりしなければいけない時もあります。

基本手薄なルートを積極的に行くと良いでしょう。

ルートによっては
苦手なルートもあると思うので
そういう時は譲らずに
いつものルートでも良いかもしれません。

苦手なルートに行って
キルされちゃ元も子もないですからね(´・ ・`)

得意なルートへ向かった場合は
もちろん初動落ちは許されませんよ?(*´з`)笑

何でも自分でやることが大事

タグマやプラベなどでは
通話をしている場合
どこに敵がいるか
何を倒したか、何に倒されたか
色々なことを報告し合えます。

ですが、ガチマッチでは
味方との連携は
ほとんど取れません。

上手い人であれば
状況判断をしてくれますが
期待しない方が身のためです( ´ཫ` )

なので、エリアを塗る、ヤグラに乗る、ホコを運ぶ
これを敵を倒しながら出来るようになれば
カンストの日も近いですね(´-`).。oO

とは言っても4vs4のゲームなので
ある程度味方にもやってもらわなければいけないですけどね…!!

余りにも酷いとどうしようもないけど( º言º)

味方をキャリーするにあたって
一番大事なことは
死なないことです

キルをされなければ
いくらでもチャンスがあります!!

味方に飛んできてもらったり
前線をキープすることも可能です!!

なるべくデスを抑えることが
勝ちに繋がると思います(‘ω’)ノ

おわりに

言葉で立ち回りについて
説明するのは難しいですね(´・ ・`)

実際、動画とかで説明出来たら
いいんですが…。

自分が何をすべきか
どこから攻めるか
どこを守るのか

ウデマエが上がるほど
試合のレベルも高くなります。

思考を止めずに
勝ちに徹しましょう└( ‘ω’)┘ムキッ

【中級者向け!】ブキ・ギア・ステージ!それぞれの特性を覚えよう!

どうも、みなさん、いかがお過ごしでしょうか??

前回の記事では、初心者の方向けに
最初は何を覚えたらいいのかというものを
テーマに書きました!

今回は
慣れてきたから色んなブキ使ってみたいな
ギアも揃えたい
ステージの特徴を知りたい
そんな中級者の方に向けた記事です\_(・ω・`)ココ大事!

ブキについて

さすがに全91種類の解説をするわけにはいかないので
「ブキ」そのものについて少し解説したいと思います。

「ブキ」とは言っても
シューターローラーチャージャースピナースロッシャーブラスター
と様々な種類がありますよね?

どのブキも射程威力連射速度塗り込み速度サブスペなど
十人十色とはよく言ったものです(:3_ヽ)_

今回の解説はブキの種類ごとの解説ではなく
上記の射程や威力の2つについての
解説だと思ってください!

①射程
射程は、短射程・中射程・長射程に分かれます。
例えば、短射程ならボールドマーカーカーボンローラーノヴァブラスターなどの接近戦ブキです。
中射程なら、スシコラロラコラホットブラスタースピコラなどの距離を詰めなくても敵を倒すことができるブキです。
長射程なら、リッターハイカスダイナモなど敵を遠距離から倒すことができるブキです。

※ダイナモはローラー枠では長射程に入るかなという管理人の独断と偏見です。

それぞれのブキの射程を見極めることで
敵にどれくらい近づけば良いのか
どのルートで敵を倒しに行けるのか
など色々なことが考えられるようになります!

②威力
射程と同じくもちろんブキごとに変わってきます。
また攻撃や防御といったギアによっても
ブキの確殺数が変わるので
とても面白い分野だと思いますね(*´ω`*)

例えば、攻撃をすごく積んだノヴァブラスターなら防御を積んでいない相手の場合1発で99.9ダメージ入る場合もあります。
直撃させなくても倒せる可能性を秘めてるだけでワクワクしませんか?( ‘ч’ )

他にもダイナモなどローラー系は攻撃を積むことで確殺範囲が広くなります!
あれ?これで倒せるんだwww
みたいなことも起こりますよ(笑)

ブキごとの確殺数を知っておくと
あと何発で敵が倒せるのか
おおよその見当がつきます!
敵と対面での撃ち合いで有利に
戦える場面も生むことが出来そうですね◎

ギアについて

こんなこと言ってしまっては
根も葉もない話になってしまいますが
自分が付けたいギアを付けましょう()

とは言ってもやはりちゃんとしたギアを選びたいというあなたに簡単なギアの選び方を紹介します。

それは・・・

自分が試合において
どのポジションになりたいか です!

例えば、敵を倒しに前線へ行きたいんだ!という人には攻撃防御復活短縮といったギアが合っています。
また、スペシャルでナワバリを広げたい、塗りを確保したいという人にはスペ増スペ延を付けるのが合っています。

自分が試合にどう貢献したいのかを考えてギアを付けると
自分の力で勝てる試合が増えるかもしれません!

ステージについて

苦手なステージがたくさんあるという方
この記事を読んでる人の中にも
いらっしゃるんじゃないでしょうか(´-`).。oO

何が苦手なのかを理解すると苦手克服に繋がります。
その何が が分からない人のために解説していきます。

まず、平坦なステージが苦手な方
ホッケ、ハコフグ、マヒマヒ など
中央エリアが広く起伏のあまり無いステージですね。
あまり潜伏する場所が無いため
苦手なのではないかなと思います。
そのため打開が難しいステージとなっていますね。

やはり、このようなステージで怖いのは
塗り で圧倒的な差が開くことです。

塗りたいのに、キルしたいのに…

前に行けない(;_;)

どこもかしこも塗られていると下に降りられなかったり、結局スペシャルを使っても打開できないなんてことがしょっちゅうあります…。

このようなステージは「塗り」の強いブキを使いましょう◎

次に、壁が多く起伏にとんだステージです。
ヒラメ、マサバ、タチウオなど
代表的なステージですね。

いやーーー、わたしも嫌いです…
というよりは苦手な人が多くて
立ち回りを分かってない方がたくさんいるから嫌いなんです(´・ ・`)

壁の多いステージは
壁を塗っておくと
引くときも攻めるときも使える

これがすごく大事です\_(・ω・`)ココ大事!

クイボやキューバンボムを持っているブキを使うと攻略しやすいかもしれません!

おわりに

ブキ・ギア・ステージは種類が豊富でなかなか全てを解説することはできません(´-`).。oO

自分自身が何について分かってないのかを
この記事を読んで理解し参考になれば幸いです!

苦手なブキやステージをすぐに克服することは難しいです…
なので時間をかけて練習していきましょう◎