【悲報】塗らない、乗らない、持たないの三拍子が多すぎてやばいwww

どうも、管理人です( ´ཫ` )

もうね…ガチマッチをしてるとですね…

沸点メーターがみるみる上がっていくわけですよ。

今回はエリア・ヤグラ・ホコ
それぞれの立ち回りについて
考察していきたいと思います\_(・ω・`)

では、いってみよう!!!!!

エリアの立ち回り

エリアってスプラトゥーンの中では
ナワバリ(レギュラーマッチ)の次に
分かりやすいルールだと思います。

用意されたエリアを塗り
それを守りきるだけです。

敵陣へわざわざ行かなくても
エリアの周囲を警戒するだけで
良いので1番理解しやすく
やりやすいルールでは無いでしょうか(´-`).。oO()

ですが、プレイヤーの中には
その単純明快なルールでさえ
できない方がいらっしゃるんです…。

そう、それが

エリアを塗らない

理由は様々ですね…
前線に行きすぎてエリアを見てない
塗らずに敵を倒しに行く

つまり、キルに執着しすぎて
塗ることを忘れているんですね。
いわゆる、キル厨という人たち( ´ཫ` )

まことに残念です。

確かにキルも試合においては
とても重要な要素ですが
対面に自信があるのであれば
エリアを付近で味方とエリア両方を
守ってあげましょうよ…(´・ ・`)

キルが出来るのであれば
それだけのチカラがあるはず!!!

その試合のヒーローになろう!

ヤグラの立ち回り

ステージ中央に用意されたヤグラに乗って
敵陣の奥にあるゴール地点まで
ヤグラを進める。
ルールとしては簡単ですが

乗るタイミング
ヤグラの進め方

これが分かっていない方
多いんじゃないでしょうか…?

まず、乗るタイミングですが
敵が2.3落ちしたら乗りましょう。

もちろん使用しているブキや
味方の位置にもよります!

短射程ブキを持っている場合
ヤグラより前に出て
櫓に向かってくる敵を迎撃

長射程ブキを持っている場合
ヤグラに乗りながら
敵を抑えましょう

中射程ブキを持っている場合
中射程が1番難しいかもしれません。
ヤグラの前後を警戒し
ヤグラと一緒に行動します。
ヤグラ上の味方がキルされたら
代わりに乗って少しでもカウントを進めましょう。

状況によって短射程ブキがヤグラまで戻り
乗らなければいけないこともあります( ˙-˙ )

乗って降りてキルをしてまた乗る

という行動も大事ですが
なかなかに難しいです。

キルをしている間にヤグラが戻ってしまうことも多々ありますからね(∩´﹏`∩)

状況判断がすごく大事です!

またエリアと比べ、塗りよりキルが大事になってきます。

最後に1つ

ヤグラ上へのステルスジャンプには
警戒しましょうね\_(・ω・`)ココ大事!

ホコの立ち回り

ステージ中央に設置された
ホコをバリアを割り持ち運び
敵陣奥にあるホコ台まで運ぶ。

ヤグラと同じくルールそのものは
とても簡単ですが奥深いです。

まずは、なるべくホコを割りましょう。
辺りの塗りが確保されて
動きやすくなります。

そして、ヤグラと同じく
2.3枚落ちたら持ちましょう。
※ボムには気をつけてね

またホコを持ち運ぶルートは
ステージにも寄りますが
1~3ほど存在します。

基本的に使うルートは決まってきますが
状況によっては
普段と違うルートを使うことで
カウントを多く進めることがあります。

これもまた状況判断が必要なので
プレイしながら身に付けましょう( ˇωˇ )

そして、ここからが重要です!!!

ホコは割ったら放置しない!
持たない、持てないなら割らない!
誰も持たないのであれば自分が持つ!
カモンを押して味方に持たせる!
ホコショは必要な時だけ撃ち
カウントを進めることを優先する!
\_(・ω・`)すごく重要だから覚えておくように!

これができるようになれば
ホコの勝率はかなり上がります!!!

ホコでカンストも夢じゃありません◎

おわりに

ルールごとの立ち回りがすごく大事です。

エリア、ヤグラ、ホコを無視して
敵にばかり集中していては
試合上戦犯です。

ルールやブキ、ステージに準じた
動きをすることで
安定した勝率になると思います( ‘ч’ )

時には全然勝てないこともあると思います。

ですが、確実に成長できているはずなので
諦めずにプレイしていこう!

今回はこの辺で!ばいばいっ\( ‘ω’)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です